キックオフ関西.blog

関西の異業種交流会 キックオフ関西のキャプテン(代表)の交流会に関するネタやコラム、本音、情報、ボヤキ?を書き込んでいきます。

キックオフ関西公式サイト:http://www2.odn.ne.jp/kick-off-kansai

皆様のおかげで2015年3月1日で12周年を迎えました。
キックオフ関西は大阪や神戸、京都を拠点とする関西の異業種交流会で、参加者の数よりも質にこだわり、参加者数と参加者のレベル、それに開催数は関西でもTOPクラスを誇る異業種交流会です。

「異業種交流会は参加者のためにある」と言う基本理念により、毎週交流会を開催しています。

当会の一番の売りは、ネットワークビジネスや悪質勧誘などの不審参加者も参加申込段階で出来る限りシャットアウトする体制も持ち、関西の異業種交流会参加者から最も支持され、安心かつ急成長した異業種交流会です。

カテゴリ: 参加者からの質問

キックオフ関西に始めて来られた方からよく聞かれる質問の1つです。

「どうしてKOKの交流会は当日ギリギリまで参加申込ができるのか?」

CAM00629

例えば交流会スタートが18:00とした場合、
当日の17:59 59秒まで参加申込を受けています。その理由は・・・・

1)Soho Link長堀は会場が大きく、座席も多いので、よほどの講師じゃない限り
 全て埋まる事は無いので、当日申込でも対応は可能。

2)もし仮にレジメが足らなくても2階のオフィスにコピー機があるので
  そこで増刷することが可能。

3)皆様からの参加申込は、すべてキャプテンのスマートフォンに転送されるので
  開始ギリギリに申し込まれてもすぐに確認できる。

当会は、主催者都合で前日に締め切る事はありますが、よほどの事がない限り
開催当日も参加申込を受付けていますし、また参加者目線で書きますと、
当日になって「予定が空いた」とか「調整が付いた」と言う方の為に
当日でも参加申込を受け入れるようにしています。
そう言う人って意外と多いのですよね。

当会も当日申込は出来るだけ受け入れていますが、
最近、ルールを悪用する人もいまして
予定が判明しているのに、わざと当日ギリギリになって
申込をする人が居るのですが、そういう遅延行為は今後、ペナルティにする予定です。
そう言う方は申込の内容や流れ等を見たら大体把握できます。
主催者の段取りも理解して欲しいものです。

今後のキックオフ関西の開催予定はここをクリック願います。

キックオフ関西の懇親会に参加された事のある方ならお気づきかと思いますが
懇親会のビールは「瓶ビール」です。
(四条烏丸で開催する時の「楽家楽家」は別ですが)
DSCN6734

実はこれ、理由があります。その理由は・・・・
「参加者とのコミュニケーション」これです。

瓶ビールと生ビール、そこには大きな差があるのです。

「生ビール」は最初の乾杯だけしか周りの人とコミュニケーションが取れませんが、
「瓶ビール」であれば常に注いでもらえるし、お酒が飲めない人とも
コミュニケーションが取れるようになります。

瓶ビールで相手の方にビールを注ぐ事は「1つのご挨拶」。
挨拶をするということは、その人の存在を認めるというコミュニケーションなのです。

そして何と言っても瓶ビールの一番の特徴は
「グラスに注がないと乾杯が始まらない」というところですよね。
ここで皆さんの注ぎ方に工夫の余地が出てくるわけです。

「自分で注ぐことでビールをもっと美味しく楽しめるところが好き!」
「缶より注ぎやすくて自分好みの泡が作りやすい」
 「みんなで一つの瓶を注ぎ合うことで、分け与える楽しさを感じる」

瓶ビールがつなぐコミュニケーションも生まれます。このコミュニケーションがあるから
懇親会が盛り上がる。そこだと思うのです。

ちょっとした事ですが、キックオフ関西の懇親会には
「コミュニケーションへのこだわり」があるのです。

今後のキックオフ関西の開催予定をここをクリック願います。

CAM02306

5/14に開催しました「異業種交流会・大阪版」でも
過去開催してきた「名刺交換会系の交流会」でも
必ずこう言った声があります。それは・・・・

「交流タイムの時間が短いと思った」
「参加者全員と名刺交換が出来なかった」

これらについてお話致しますと・・・・

「交流タイムの時間が短いと思った」

一言言いますと・・・
「1人の方と深く話し込むと交流タイムの時間は短くなります」
交流タイムで1人の方と深く話し込めば、そうなります。

異業種交流会で1人でも多くの方と出会おうと思えば、1人当たりの方と
お話する大体の時間は自分で作っておくべきです。話が合うと長くなるのは良いのですが
もしも参加者の皆様が「1人でも多くの方と名刺交換をしたい」とお考えならば
「1人当たり●分間」と頭の中でマニュアルを作っておいて
もしも話が合う方がおられたら、適度な時間で切り上げる。

「このあと懇親会に参加されますか?そこでゆっくりお話しませんか?」
「Facebookされていますか?そこで続きをやり取りしませんか?」
「後日ご一緒にランチをしませんか?そこで詳しいお話をしませんか?」

このように相手の方と後日お話しできる機会は必ずありますので、
そういうところを活用して頂き、異業種交流会の一次会は、
自分の合う参加者を探す場、いわゆる「品定めの場」として考えて、
限られた時間を有効に活用して、話が長く感じれば自身でブレーキをかける事など
要領よく交流を行って頂きたいと思います。

他にもキックオフ関西では
「18時受付開始、18時45分交流会スタート」としていますが
この45分間で先に来ている参加者の方と名刺交換をするという手もあります。
時間を有効活用すれば、沢山の方と交流できます。

話が合えば話し込みたくなる気持ちはよくわかります。
でも「一人の人と話し込んで、時間がなかったことを主催者のせい」にするのは
止めて頂きたいと思うのです。時間配分は参加者サイドでやって欲しいと思うのです。

また主催者側の考えも言いますと・・・・
交流会の会場の利用時間は枠が決まっています。そりゃ長く取りたいのは山々です。
これも経験値でお話すれば、ランチ会等を除き、2時間ひたすら名刺交換をすれば
1時間を超えたあたりから疲れてきます。ワークなどアイスブレイクがない場合は特に。
計算ができない方は例え交流タイムを3時間以上取っても全員と交流は不可です。
頭の中で交流する数や時間は計算して欲しいと思うのです。

「交流会で1人でも多くの方とお会いしたいのであるならば、1人当たりの交流する時間は計算すべしです。深く話すのは後からいくらでもできます。」

次に・・・・
「参加者全員と名刺交換が出来なかった」

少人数だったら話は別ですが、30名以上の参加者でこのような意見がある場合で言いますと
「物理的に不可能です」

全員と名刺交換をしなければならないって、何か理由があるのでしょうか?
と聞くと明確に答えられない方がほとんどです。

確かに人数が多いと「全員と名刺交換をしたい」と言う気持ちになるのはよくわかります。
でも限られた時間の中ですから、そこでの時間を有効に活用して
その会場で出会った方を大事にする事にまずは集中して欲しいと思います。
出会いは運です。その場で出会った方が何かの縁だとい思います。
そういう緩い感覚を持って欲しいと思います。

また会場で出会えなかった場合は「その方とは縁がなかった」と割り切ることも必要です。

「参加者全員と名刺交換をするのは、少人数でない限り物理的に不可です。」

キックオフ関西の異業種交流会は交流タイムの枠だけでなないです。
懇親会や開始前の45分間のインターバルなど、実はよく見て見ると
参加者との交流できる時間って多いのですよ。

今後のキックオフ関西の開催予定はここをクリック願います。

↑このページのトップヘ