キックオフ関西.blog

関西の異業種交流会 キックオフ関西のキャプテン(代表)の交流会に関するネタやコラム、本音、情報、ボヤキ?を書き込んでいきます。

キックオフ関西公式サイト:http://www2.odn.ne.jp/kick-off-kansai

皆様のおかげで2015年3月1日で12周年を迎えました。
キックオフ関西は大阪や神戸、京都を拠点とする関西の異業種交流会で、参加者の数よりも質にこだわり、参加者数と参加者のレベル、それに開催数は関西でもTOPクラスを誇る異業種交流会です。

「異業種交流会は参加者のためにある」と言う基本理念により、毎週交流会を開催しています。

当会の一番の売りは、ネットワークビジネスや悪質勧誘などの不審参加者も参加申込段階で出来る限りシャットアウトする体制も持ち、関西の異業種交流会参加者から最も支持され、安心かつ急成長した異業種交流会です。

カテゴリ: キャプテンのコラム

この言葉、どういう意味かと言いますと・・・
異業種交流会に参加した際に、2回目以降も継続できるか1回で終わるかの例えです。

つまり参加した交流会の雰囲気に自分がどれだけ染まるか?
その会の雰囲気のカラーに染まれば、次も参加したくなる雰囲気になりますが
「人脈を作りたい!」と勢いよく参加しても、交流会参加が1回で終わる方は
雰囲気に染まれずに終わってしまうという事です。

異業種交流会で人脈を作りたいと思う方に必要なこと。
名刺や自己紹介が言えるなんて当たり前のことです。
それと共にメンタル面で必要なことは・・・・
「継続して参加すること」と「交流会の雰囲気に自分が合わせる」
が最も大事かもしれません。参加者が多い中で自分自身が如何にして
相手やその場の色に合わせる(染まる)事ができるのか?
これが「交流会での人脈作りに最も必要なこと」なのかもしれません。
相手の雰囲気に自分が染まれなければ、仲間や人脈なんてできないと思います。

これを動物にに例えて言えば・・・・
Chameleon-gaze_1920x1200
カメレオンになれる人が仲間や人脈が増えると思います。
カメレオンは体色変化が得意で、背景の色に溶け込む性質を持っています。
交流会での仲間や人脈作りに当てはめると「相手の色に溶け込む事」です。

交流会に参加する際は自分自身が「カメレオン」になりきる事だと思います。
と今日は書いてみました。

キックオフ関西の今後の開催予定はここをクリック願います。

CAM02306

異業種交流会参加者は名刺片手に参加者と名刺交換をして
ご挨拶等をして交流するわけですが、ここで大事なことがあります。

「名刺交換したら即、自分の仲間や人脈」と思われる方が多いと思いますが
それは大きな勘違いです。交流会終了後に御礼メールを送ったり
Facebookで繋がるなどのリアクションを起こし、お互いの存在が記憶に残るまでは
それなりの努力をする必要があるのです。

この部分を怠る方、昔から非常に多いです。
異業種交流会で人脈を作ろうと思えば、自身の努力が必要です。

それ以外に異業種交流会参加者が忘れがちなポイントがあります。
これは私が「初心者交流会」でいつもお話しているポイントです。
そのポイントとは・・・・

1)服装などの身だしなみ
 よれよれのスーツや交流会に似合わない服装は相手の印象を損ないます。

2)元気な声で挨拶する
 元気のない声や小さな声は相手の印象を損ないます。

3)相手の印象に残る表情(笑顔)
 下を向いたり愛想が悪い表情は相手の印象を損ないます。

交流会では相手に「自分」と言う商品をセールスするわけですから、
自分が営業マンや接客業になった感覚で参加者と接しなければ、
相手は自分の印象を悪くしてしまいますし、いい意味で相手の記憶には残りません。

この3ポイントは異業種交流会に参加する以上、
本当に抑えておかなければいけないポイントです。
ただ名刺を交換すれば仲間や人脈ができると思うのは大間違いです。
自分自身がセールスマンや接客する店員になった気持ちで相手と接すれば
おのずと相手は自分と繋がるものです。

キックオフ関西の今後の開催予定はここをクリック願います。

atm
キックオフ関西は5月から「異業種交流会系の企画」を除いて
講演やセミナー系の企画の参加費の支払いにおいては「振込割」を設けました。

【振込割(ふりこみわり)】
前日の午後2時までにお振込頂いた場合は
設定した参加費から割り引いた金額で参加費の支払いがOKと言うルールです。
例えば正規の参加費を5000円とした場合、前日の午後2時までにお振込頂く場合は
4000円でOKと言うのがルールです。

あれから2カ月経過しましたが・・・
参加者全体の7~8割が「振込割」を利用してお申込頂いています。
懸念していた「振込忘れと思われるキャンセル」もなく
システム的には非常に良い効果を生んでいます。

振込を忘れた場合は、正規の参加費を頂いていますが
会場で支払う際によく言う一言が「振込忘れちゃったんだよね・・・」
振込のタイミングに関しましては自己管理にして頂いていますので
一度、振込口座のメールを送ったら「お振込まだですよ」と言う
催促のメールは送っていません。精神的な圧力をかけるのも申し訳ないので。

このルールになって多くなったのは・・・・
開催前々日~前日にかけての参加申込が増えたこと。
つまり「振込割の期日ギリギリ」に参加申込をして前日午後2時までに
参加費を振り込む方が増えましたが、まあこれは合法なので問題ありません。

振込割以降、無断キャンセルは1人も出ていません。
6/3に開催しました古賀茂明さんの講演会でも無断キャンセルは「ゼロ」でした。

参加申込をしながら参加者からのご入金が遅いとお悩みの主催者の皆様
ドタキャンや無断キャンセルに悩む主催者の皆様、
当会が採用している「振込割」を取り入れることをお勧め致します。

ちなみに週末に「史上最大のコミュニケーションセミナー」を開催しますが
今週に入ってから参加申込が増えていて、同時にお振込も増えています。
主催者も計算できて段取り等がスムーズにいきます。

ただ「異業種交流系の企画」は参加費を振込じゃなく「当日受付払い」にしていますが
こちらは「当日キャンセル」が平気で発生していて
「え?キャンセル料の支払いがあるのですか?」
とルールを理解できない方が何名か居ますので、
9月あたりから「振込割」の採用を考えております。

今後のキックオフ関西の開催予定はここをクリック願います。

交流会やセミナーを開催した後に懇親会を行うケースが多いと思います。
そのお店って、どうやって調べますか?

最近はネットで検索する人がかなりおられると思います。
そして「和民」や「白木屋」などチェーン店系のお店があれば、
そのお店にされる方が多いようですね。

会場近くのお店をネットで探すのも悪くないです。
しかし会場に行った際、近くのお店を自分の足で探してみて下さい。
ネットには出てこないお店も良く見つかりますよ。

と言うのも・・・・
最近「ぐるなび」や「ホットペッパー」の掲載料が高騰し
掲載を撤退するお店が増えてきています。
ですから「ぐるなび」に住所と電話番号しか掲載されていないお店でも
実際に足を運んでみて見ると「これ、ええやん!」と思う店、意外と多いです。
DSCN5183

キックオフ関西が懇親会の定番で使っている「居酒屋しん」もそうです。
「ぐるなび」や「ホットペッパー」にこの店は掲載していません。
このお店を見つけたの理由は、それまで使っていた「つぼ八」が閉店する事となり
新たなお店を探さねばと、私がSoho長堀の近辺を隈なく歩いて偶然見つけました。

最近では先日の「女性交流会」のランチ会で利用した「エスパス・マコト」もそうです。
オフィスからローソンに買い物に行く途中でたまたま見つけて
シェフと相談して、このお店にした次第です。
espace makoto

セミナーや交流会等々で懇親会を行う際、自分の足で探すと
ネットにはヒットしない思わぬお店がいろいろ見つかります。
新店オープンやリニューアルオープンなんて言う情報も見つかります。

現在のキックオフ関西は懇親会やランチ会の場所は
いくつかピックアップしていますが
それでも時間があれば、長堀橋や心斎橋近辺を歩き回って
新たなお店の情報を探しています。

今後のキックオフ関西の開催予定はここをクリック願います。

東京の講師の方が「関西で集客するのは難しい」と何人かから聴いた事があります。
東京で満席になっても関西では「数名」しか集まらなかったとか
「定員の2~3割程度」しか集まらなかったというケースも珍しくないです。

ソーシャルネットやブログで「ファンが多い」「知名度がある」「本を出している」
と言って東京では人気があっても、関西では「関西人文化」と言う感覚と言っても
良いかと思います。それくらい関西人は「独特の感性」を持っています。

関西人の特色として
「知っているものには興味を示すが、知らないものには興味を示さない」
名前を知っていたら「え!そんな人来るの?」と飛びつくが
名前を知らなかったら「誰それ?聞いた事ないからええわ」と言う感覚ですね。
でもタイトル等で聴きたい話とかなどポイントが合致すれば足を運びますが。
shinosuke
いい例が「お笑い芸人」です。
東京のお笑いタレントが関西で公演するなんて、ほとんどないです。
まあ基本的に関西は「笑い」に対する評価が厳しい土地柄なので
関西のお笑い芸人なら受け入れますが、東京の芸人はあまり受け入れません。
しかし関西で公演をする際に毎回会場を満席にする東京の芸人がいるのです。

それが「立川志の輔」さん。
私も志の輔さんの落語を聞きたいと思うのですが、プラチナチケットで手に入らないです。

志の輔さんの落語には“いちびってやろう魂”が、
うっすらとコーティングされていて、いい感じの軽快さを生んでいますが
その“いちびってやろう魂”が関西人に受け入れられていると思うのです。

20140121megumi
2010年に牛窪恵さんが当会に初めて当会でご登壇頂いた時、66名集まったのですが
当時の開催報告はこちら
その後も毎年コンスタントに集まっているのは、牛窪さんが関西に来られた時は
「関西人目線でパワポ作成やお話をされている事」
パワーポイントの中に「百貨店の実例」を紹介した際に
「伊勢丹」や「松屋」じゃなく「大丸」や「阪急」など
関西人の目線を意識した資料作りは「関西人のハートを掴んだなあ」と感じました。

またブログ等々で「阪神ファン」を公言していましたので
その部分も関西の人に受け入れられたと思っております。

関西人は独特の文化と感性を持っています。
今でも関西人は心のどこかに「東京なんかに負けたくない!」と言う意識がどこかにあります。
ですから東京と同じ感覚で関西に来られても「なんで?」と思うケースが多いと聞きます。

では東京の講師の方が関西で受け入れられるポイントをあくまでも私の感性で書きますと
1)パワポ等はできるだけ関西人目線で作ること
2)関西人と接して感覚を掴む事
3)関西での話題を常にインプットしておく事
4)毒のある話ができる事
5)中央(東京)の批判を上手く話せる事
6)関西での人脈やファンを沢山作っておく事
7)関西人の性格や感性をちゃんと把握しておく事

これらをいくつか抑えておけば、少なくともある程度の集客は出来ると思います。
牛窪さんは1)2)3)6)を抑えていると思います。
栢野さんは4)6)を抑えていると思います。
古賀さんは5)かな?
あと関西出身の講師の方はお分かりだと思います。

ちなみに私も最近、東京から講師をお呼びする際、着眼ポイントは
「東京で人気がある」とか「地方でも集まっている」と言うポイントではなく
「関西人目線で受け入れられるか否か?」を見て、判断するようになりました。

最後に関東と関西のコトバ観の違いがあったのでご紹介致します。

関西でセミナー等をお考えの東京や地方の皆さんに参考になればと思います。

今後のキックオフ関西の開催予定はここをクリック願います。

↑このページのトップヘ