キックオフ関西.blog

関西の異業種交流会 キックオフ関西のキャプテン(代表)の交流会に関するネタやコラム、本音、情報、ボヤキ?を書き込んでいきます。

キックオフ関西公式サイト:http://www2.odn.ne.jp/kick-off-kansai

皆様のおかげで2015年3月1日で12周年を迎えました。
キックオフ関西は大阪や神戸、京都を拠点とする関西の異業種交流会で、参加者の数よりも質にこだわり、参加者数と参加者のレベル、それに開催数は関西でもTOPクラスを誇る異業種交流会です。

「異業種交流会は参加者のためにある」と言う基本理念により、毎週交流会を開催しています。

当会の一番の売りは、ネットワークビジネスや悪質勧誘などの不審参加者も参加申込段階で出来る限りシャットアウトする体制も持ち、関西の異業種交流会参加者から最も支持され、安心かつ急成長した異業種交流会です。

カテゴリ: キャプテンのコラム

当たり前の話ですが、ビジネスマンとして第一線で活動する以上
最低限のビジネスマナーは絶対に携帯しなければなりません。
それは講師だって同じです。
117

私もこの企画をやっていて、感じる事があります。
それはごくごく一部の講師に言いたい事ですが・・・・
「当方の依頼に対して返信メールを送らない講師がいます」
信じられない話ですが、当たり前の事ができないセミナー講師が
1~2人かいるのです。いずれも男性です。中には著書も出版している人もいるのです。

eメールの場合、誤って「迷惑メールフォルダーに入っていた」とか
「大量のメールに埋もれて見落としていた」などのケースはありますが
Facebookの場合、開封したら開封記録が必ず表示されます。

実は数カ月前に講師依頼の相談でFacebookメッセージを使って
相談のメールを書いて送ったのですが、何日経っても返信はなし。
送信後、開封された記録はちゃんと表示されています。
しかもその人のウォールを見てみると・・・

私がメッセージを送信した後、ウォールに記事がバンバンアップされています。
その人とは、もちろん友達で繋がっていますので、そのメッセージが
「その他」に入っているとは考えにくいですし、その人と過去に何度か
メッセージのやり取りを行っていますので、誤って「その他」に入る事はないです。

私も参加者の皆様には主旨とルールを守って下さいと言っていますが
講師の方だって同様です。最低限のマナーができない講師については絶対に依頼しません。
当会の参加者に対して失礼ですし、もし参加者にも同じケースを行った場合
「キャプテン、あんな人を講師に使ったのですか?」と言われたら私も恥ずかしいです。

特に依頼に対しての返事も書けない方は論外です。
受ける事ができない時はちゃんと、その旨を書けば済む話です。
その時は私もちゃんと了解致します。

もしメッセージの返信に手が回らない場合は・・・

「メッセージありがとうございます。今、案件が沢山あり、すぐにお返事できないので、数日後に改めてお返事致します」

などと書けば、私も納得致します。
このワンクッションが有るか無いかだけでも印象が全然違います。

ちなみに私もメッセージレスが多い場合はこのケースを良く使います。
特に「返信に数日かかる場合」とか「24時間以内にお返事が書けない場合」は、
相手の方にまずは「開封確認メール」を送ります。

もしFacebookでメッセージをやり取りされている場合、
メッセージを読んだ後は、相手には「開封済」のチェックが入ります。
その事は絶対に意識しないと、重要な相談などを開封後放置などすると
せっかくの信用が崩れてしまう危険性があります。じゃなく「崩れます」。

今日の一言
「セミナー講師も話だけでなく、ビジネスマナーも備わって一人前なのです。当り前だけどね。」

キックオフ関西の今後の開催予定はここをクリック願います。

この質問、実は何年も前から参加者の質問で一番多い項目です。
今までは「何だろうね?」とはぐらかせてきましたが
今日は私なりの考えを書いて見ようかな?と思います。
CAM02818
キックオフ関西は現在「活動13年目」に突入しています。
そして来年3月には「活動14年目」になります。
先日とある方から「活動期間だけでなく代表の在位期間も関西で最長じゃないの?」
と言われました。確かに現在、活動している団体の中ではそうかもしれませんが
確かな答えが出ないので、ここではコメントを控えます。

さて「キックオフ関西」と言う団体を継続させる秘訣とは?
私の考えでは・・・・

●常に初参加者を募集する気持ち。
●どんな不調な時でも常に企画を作り続ける
●「必ず調子が上がる」と前向きに考える

これかな?と思います。
交流会を運営している人の多くは「仕事の片手間」とか「サークル感覚」で
やっている人が多く、いざ自分の仕事が忙しくなったり
面倒になったら、いつのまにか開催を停めちゃう人が多いのです。

しかし私の場合は、いわゆる「ライフワーク」です。
交流会を運営し、参加者を集めて出会いの場を作る。
そしてセミナーや講演を企画し参加者に学んで頂き、交流を楽しんで頂く。

そういう気持ちで「キックオフ関西」を運営していますので
「13年も継続できているんだろうなあ」と思っています。

先程の3つの中で「1つ」を挙げるとなると・・・
「初参加者が常に集まる」これかな?と思います。
交流会の参加者は、それなりのサイクルがあります。
参加者のサイクルが有るという事は、参加者はいつしか足が遠のく時期が来る。
つまり常連メンバーばかりに頼ると、いつしか参加者が少なくなる時期があり
モチベーションが下がる時期が必ず来るのです。

しかし「初参加者」を常に集めていると・・・
常に新陳代謝が有るのです。常連メンバーがいつしか参加回数が少なくなっても
その数だけの初参加者が集まる。そうすることにより数字は安定し
また久しぶりに参加した場合、顔ぶれが変わり、新規の出会いが増えて
交流が楽しくなるのです。

では当会はなぜそれができているのか?その理由は・・・・

「Web」です。ネット検索にて特定のキーワードで常にクリック数を集めているので
新規参加者が常に集まる仕組みができているのです。
「集客はSNSの時代」と言われていますが、でも新規はネット検索が断然強いです。

どんなにSNSで集客ができても、SNSに時代の波があっても
ネット検索は「最も安定しているツール」だと思います。
キックオフ関西は昔も今も「ネット検索」は手を抜きません。
この部分は常に抑えていますから「新規顧客」が毎回確実に集まるのです。
毎回確実に集まりますから、当会も今まで継続できていると思います。

今後のキックオフ関西の開催予定はここをクリック願います。

CAM03248

最近、当会で参加者の皆様に必ずお話する事があります。それは・・・

「交流会ではまず自分を売り込もう!」

ただ仲間を増やしたいという方もいれば、自分のビジネスを売り込む方もおられますが、
よく交流会の参加者に居るのが
「名刺交換をしてビジネスの話を延々とし、今後ともよろしくお願いします」
で終わるパターンです。つまり自分の話を一方的に行って、相手の話を聴かずに
次の人のところに行って名刺交換をするパターンです。

これは交流会によく足を運ばれる方々の意見ですが
「人間関係が先に作られてからでなければビジネスの話をしても具体的な話には進まない」
という方が非常に多いです。

初対面でどんなにビジネスのPRをされても、
相手はその方が信用できる方であるかどうかの判断ができていない状態ですので、
仕事の依頼も紹介もできない、ということです。

異業種交流会=ビジネスやモノの売り込みではなくコミュニケーションの場ですので、
相手のことを知ること、およびご自身について知ってもらうことを心がけるのが第一歩です。

そう言えば以前、別の交流会に参加した際に
ウォーターサーバーを担いで異業種交流会に参加された方がおられましたが
全く相手にされないことがわかると、そそくさと退出した光景を見たことがあります。

また当会で大昔、自社のお菓子を箱ごと持って来て
参加者に名刺交換をしながら自社のお菓子を配っていた方もおられましたが、ある参加者が
「あの人、何のためにお菓子を配っていたんだろうね?」と言っていた事を今でも覚えています。

異業種交流会でいきなりビジネスの話を持って来ても失敗する良い事例です。
そりゃ展示会ならまだしも、人とのコミュニケーションを作る場に
水やお菓子を持ちこんでも意味が無いですよね。

異業種交流会で成功する秘訣、それは「まずは自分を売り込む事」です。
名刺交換タイムで自分を売り込み、お互いのコミュニケーションを構築し
お互いの事を知るようになったタイミングでビジネス提案を行う。
これが一番の理想的な流れです。

また当会は懇親会もありますので、交流会では挨拶程度だったのが
懇親会でかなり仲良くなってビジネスパートナーになった事案も何度もあります。

特に当会は異業種交流会の復活以降、マッチング成立が何件も報告がありまして
「自分を売り込んだ結果」の成果が如実に表れています。

これから異業種交流会に参加をお考えの皆様、成功する秘訣は
ビジネスでも無ければ、モノでもないです。

「初対面では自分を売り込む事」

これです。

キックオフ関西の交流会開催予定はここをクリック願います。

meishikoukankai

先月、今月と東京の異業種交流会にいくつか参加していました。
そこで感じた事を書いてみます。

一昔前、いや今でも、異業種交流会と言えば・・・
「保険の営業マン」「士業」「MLM」が多いというイメージがあります。

「保険の営業マン」は一頃よりも減ったように感じます。
昔は新人の保険の営業マンがよく異業種交流会に参加して
「保険の営業マンが多い」と言うイメージがありましたが、
最近は新人営業マンの参加はめっきり減り、管理職クラスの参加が
特徴だと感じます。

「士業」は新人士業を中心に昔も今も変わりません。
「MLM」は説明省略(笑)。

ここ1~2年、いや先月今月、東京の異業種交流会に参加して
「この業界の参加が増えてきたなあ・・・」と感じました。
その業界とは・・・・

続きを読む

以前、某交流会の主催者とこんな話をしていました。
内容は「FacebookなどのSNSに書き込まれる欠席連絡」について。

025-02
「今回は参加できませんので宜しくお願い致します」
「予定があり参加できずに残念です。盛会をお祈りします。」

SNSで欠席連絡は良く見ますよね?
まあその方のイベントに参加した事がある方が書き込むなら許せますが
まだそのイベントに参加した事がなく、しかもお会いした事の無い方から
欠席連絡を書き込まれると・・・

「主催者としては不快に感じる」主催者同士の話しで意見は一致しました。

Facebookでよくいるみたいですね。
そのイベントに参加した事がない方が欠席連絡を書きこまれた場合
主催者の本音は「何じゃこの人?」とあまり歓迎はされません。
またそのイベントに参加した事がない方が欠席連絡を他でも書き込む人は
「予定調整が下手な人」とも解釈されます。

その人は主催者に存在感を示したいという気持ちで書いていると思いますが
ハッキリ言うと「全くの逆効果」です。逆にもしそのイベントに参加できた場合でも
主催者からは「悪いイメージ」で見られる場合もあります。

と言う訳で私の考えで書きますと・・・・
SNSでセミナーや交流会、イベントへの欠席連絡は書きこまない方がベターです。

その都度その都度書き込んだ場合、主催者の目線で言えば
1~2回くらいなら「また今度で良いですよ」と笑って済みますが
頻度が多くなれば「また書き込んでるわ」と少しずつ冷やかになっていき
「この人は予定調整が下手な方」というように解釈されるようになります。

もし頻繁に書き込んだ後で、しばらくしてそのイベントに参加した場合
貴方は気持ちよく参加できると思いますか?少々不穏な空気になるかもしれません。

FacebookなどのSNSは自分の名前が出た状態で書き込まれる事を
お忘れになっていると思います。名前が出る書き込みと言う事は
自分の書き込み(発言)に責任を持つことになります。
2ちゃんねるのような独り言やつぶやきと言う感覚ではないのです。

その書きこんだ文章は主催者はもちろん、不特定多数の人に見られます。

主催者が見ると、先ほども書きましたが
1~2回くらいなら「また今度で良いですよ」と笑って済みますが
頻度が多くなれば「また書き込んでるわ」と少しずつ冷やかになっていき
「この人は予定調整が下手な方」というように解釈されるようになります。

また不特定多数の人が、そのイベントへの欠席連絡を見ると
周りも「あ、私も書かなければいけないのかな?」と言う衝動に駆られ
だんだん書き込みが増えていき、傍から見ると
「あ、このイベント人気がないんだ!」と言う心理になり
いざ主催者が呼びかけても集まらなくなる。
極端に言えば、欠席連絡の書き込みには、そんな危険性もあるのです。

もっと言えば、そのイベントや交流会やセミナーに参加した事がない方が
欠席連絡を書きこまれた場合、主催者の多くは不快に感じます。
記憶力の良い主催者ならその方の名前も覚えているものですから
もしその会に参加しても表面上は「ようこそ~♪」と言っていても
腹の中では「こいつか・・・」と言うように感じるものです。

じゃ、どうしても欠席連絡を書きこみたい場合の方のために
私が思う欠席連絡のルールを書いてみますと・・・

1)なるべくなら「書かない」ほうがベター
2)やむを得ず書かなければならない時は「直メッセージ」で書く方が良い
3)不特定多数の方が見る場所には書かない方が良い
4)欠席連絡は頻繁に書かない。最初の1回で十分。
5)主催者に存在感を示したいならば大事な予定を蹴ってでも参加するくらいの気持ちを持つ

主催者も「その人一人」を相手にイベントやセミナーを組んでいません。
何百人、いや何千人を相手にしている事をお忘れの無いように。
参加者の中には自分が参加できない事を「針小棒大」的に伝える人がいますが
多くの主催者は「何百分の1」or「何千分の1」でしか見ていませんので。

また逆に主催者の中には気の小さい人もいますので、欠席連絡を書きこまれると
「あ~この企画集まらないのかな?」と不安に陥る主催者もいるのです。
「欠席連絡書きもまれてもなんとも思わんわ!」と言う人もいれば
「欠席連絡を書きこまれると落ち込む・・・」と言う人もいます。

そう言えば以前、中日の落合元監督(現在GM)のこんな一言がインパクトがありました。
「休みたければ休んでもいいよ。代わりは沢山いるから。」
主催者はそんな心境に近いですね(笑)。

キックオフ関西の今後の開催予定はここをクリック!

↑このページのトップヘ