キックオフ関西.blog

関西の異業種交流会 キックオフ関西のキャプテン(代表)の交流会に関するネタやコラム、本音、情報、ボヤキ?を書き込んでいきます。

キックオフ関西公式サイト:http://www2.odn.ne.jp/kick-off-kansai

皆様のおかげで2015年3月1日で12周年を迎えました。
キックオフ関西は大阪や神戸、京都を拠点とする関西の異業種交流会で、参加者の数よりも質にこだわり、参加者数と参加者のレベル、それに開催数は関西でもTOPクラスを誇る異業種交流会です。

「異業種交流会は参加者のためにある」と言う基本理念により、毎週交流会を開催しています。

当会の一番の売りは、ネットワークビジネスや悪質勧誘などの不審参加者も参加申込段階で出来る限りシャットアウトする体制も持ち、関西の異業種交流会参加者から最も支持され、安心かつ急成長した異業種交流会です。

2015年10月

meishikoukankai

先月、今月と東京の異業種交流会にいくつか参加していました。
そこで感じた事を書いてみます。

一昔前、いや今でも、異業種交流会と言えば・・・
「保険の営業マン」「士業」「MLM」が多いというイメージがあります。

「保険の営業マン」は一頃よりも減ったように感じます。
昔は新人の保険の営業マンがよく異業種交流会に参加して
「保険の営業マンが多い」と言うイメージがありましたが、
最近は新人営業マンの参加はめっきり減り、管理職クラスの参加が
特徴だと感じます。

「士業」は新人士業を中心に昔も今も変わりません。
「MLM」は説明省略(笑)。

ここ1~2年、いや先月今月、東京の異業種交流会に参加して
「この業界の参加が増えてきたなあ・・・」と感じました。
その業界とは・・・・

続きを読む

以前、某交流会の主催者とこんな話をしていました。
内容は「FacebookなどのSNSに書き込まれる欠席連絡」について。

025-02
「今回は参加できませんので宜しくお願い致します」
「予定があり参加できずに残念です。盛会をお祈りします。」

SNSで欠席連絡は良く見ますよね?
まあその方のイベントに参加した事がある方が書き込むなら許せますが
まだそのイベントに参加した事がなく、しかもお会いした事の無い方から
欠席連絡を書き込まれると・・・

「主催者としては不快に感じる」主催者同士の話しで意見は一致しました。

Facebookでよくいるみたいですね。
そのイベントに参加した事がない方が欠席連絡を書きこまれた場合
主催者の本音は「何じゃこの人?」とあまり歓迎はされません。
またそのイベントに参加した事がない方が欠席連絡を他でも書き込む人は
「予定調整が下手な人」とも解釈されます。

その人は主催者に存在感を示したいという気持ちで書いていると思いますが
ハッキリ言うと「全くの逆効果」です。逆にもしそのイベントに参加できた場合でも
主催者からは「悪いイメージ」で見られる場合もあります。

と言う訳で私の考えで書きますと・・・・
SNSでセミナーや交流会、イベントへの欠席連絡は書きこまない方がベターです。

その都度その都度書き込んだ場合、主催者の目線で言えば
1~2回くらいなら「また今度で良いですよ」と笑って済みますが
頻度が多くなれば「また書き込んでるわ」と少しずつ冷やかになっていき
「この人は予定調整が下手な方」というように解釈されるようになります。

もし頻繁に書き込んだ後で、しばらくしてそのイベントに参加した場合
貴方は気持ちよく参加できると思いますか?少々不穏な空気になるかもしれません。

FacebookなどのSNSは自分の名前が出た状態で書き込まれる事を
お忘れになっていると思います。名前が出る書き込みと言う事は
自分の書き込み(発言)に責任を持つことになります。
2ちゃんねるのような独り言やつぶやきと言う感覚ではないのです。

その書きこんだ文章は主催者はもちろん、不特定多数の人に見られます。

主催者が見ると、先ほども書きましたが
1~2回くらいなら「また今度で良いですよ」と笑って済みますが
頻度が多くなれば「また書き込んでるわ」と少しずつ冷やかになっていき
「この人は予定調整が下手な方」というように解釈されるようになります。

また不特定多数の人が、そのイベントへの欠席連絡を見ると
周りも「あ、私も書かなければいけないのかな?」と言う衝動に駆られ
だんだん書き込みが増えていき、傍から見ると
「あ、このイベント人気がないんだ!」と言う心理になり
いざ主催者が呼びかけても集まらなくなる。
極端に言えば、欠席連絡の書き込みには、そんな危険性もあるのです。

もっと言えば、そのイベントや交流会やセミナーに参加した事がない方が
欠席連絡を書きこまれた場合、主催者の多くは不快に感じます。
記憶力の良い主催者ならその方の名前も覚えているものですから
もしその会に参加しても表面上は「ようこそ~♪」と言っていても
腹の中では「こいつか・・・」と言うように感じるものです。

じゃ、どうしても欠席連絡を書きこみたい場合の方のために
私が思う欠席連絡のルールを書いてみますと・・・

1)なるべくなら「書かない」ほうがベター
2)やむを得ず書かなければならない時は「直メッセージ」で書く方が良い
3)不特定多数の方が見る場所には書かない方が良い
4)欠席連絡は頻繁に書かない。最初の1回で十分。
5)主催者に存在感を示したいならば大事な予定を蹴ってでも参加するくらいの気持ちを持つ

主催者も「その人一人」を相手にイベントやセミナーを組んでいません。
何百人、いや何千人を相手にしている事をお忘れの無いように。
参加者の中には自分が参加できない事を「針小棒大」的に伝える人がいますが
多くの主催者は「何百分の1」or「何千分の1」でしか見ていませんので。

また逆に主催者の中には気の小さい人もいますので、欠席連絡を書きこまれると
「あ~この企画集まらないのかな?」と不安に陥る主催者もいるのです。
「欠席連絡書きもまれてもなんとも思わんわ!」と言う人もいれば
「欠席連絡を書きこまれると落ち込む・・・」と言う人もいます。

そう言えば以前、中日の落合元監督(現在GM)のこんな一言がインパクトがありました。
「休みたければ休んでもいいよ。代わりは沢山いるから。」
主催者はそんな心境に近いですね(笑)。

キックオフ関西の今後の開催予定はここをクリック!

CAM02818

今週木曜日に開催します「大阪版・異業種交流会」について。
実は昨日、3名の方に「レッドカード」を出しました。
2名は、いわゆるMLM、もう1名は問い合わせ段階から威嚇するような文章の
メールがあったため、当会には適さないと思い、参加をお断り致しました。

大抵の異業種交流会では「ネットワークビジネスの参加者はお断り」と
表示していますが、普通に申し込めば見抜く事はできないはずです。
しかし今回は、その人の申込の方法に「?」と思い、いろいろ追跡した結果
MLMと発覚したのです。

その人は当会の異業種交流会ばかり参加申込をされて
その後に「初心者交流会」を申し込んだ時点で「おかしい?」と
動物的直感で閃いたのです。

そしてその人のお名前をFacebookで検索したところ、
職業欄に堂々とMLM団体(マルチ商法で悪評が出ている団体)の名前が出て来て
「これは参加されたら、とんでもないことになるぞー!」と思い
その人に「お断りメール」を送りました。

するとその方は気が動揺したのか・・・
「おたくの交流会に参加してMLMや生保の営業に勧誘されたのに、なんで私は断られるのか?」
と返答がありましたが、調べてみると過去データにその方のお名前はありませんでした。
他の会と勘違いされているかと思います。それくらいそういう参加者は
過去にどこの会に参加したのか?覚えていないくらいに行きまくるので
参加した団体の名前も把握できない心理状態も読んでいました。

その後「当会は過去の参加者リストのデータベースがあるのですが
その中に、●●さんのお名前は出てきませんでしたが・・・」と伝えると
「私だっていろいろ参加しているので記憶が定かではないですが・・・」と返答。

まあ申込段階で私に引っ掛かるようなレベルじゃMLMビジネスやってもダメですね(笑)。

こういう瞬間って「一色即発」な状態で、お断りの連絡を送る時も
文章を1つ間違えると拗れる恐れがあるので、神経は使います。

キックオフ関西はただ13年間、交流会を開催してきただけではなく
13年間の運営の中で「不審者の見抜き方」も習得しているのです。
参加申込時に「MLM団体」を書いて申し込む人なんて稀にいますが
大抵は職業を伏せるかボヤかすかして申し込んできます。

昨日当会のスタッフが「申込のパターンだけで不審者か否かを読めるのですか?」
と言われたのですが「はい、パターンだけでも大体分かるものです」
詳細は機密事項なので伏せますが、申込記入内容や自己PRの書き方
またメールでのやり取りで「不審者か否か」は大体読めます。

MLM勧誘目的の参加者を見抜けた時は最高の快感です(笑)。

私の異業種交流会の運営の趣旨は
「参加者の数よりも参加者の質にこだわる」

参加者の数を沢山集めるよりも「今日出会った参加者は全員良い方でした」と
言ってもらえる運営に常日頃心がけていますので、
不審者を見抜く事は私の重要な仕事の一つだと思っています。

さてキックオフ関西の異業種交流会は10月~11月にかけて下記の日程で開催致します。
10/8(木)18:45~ 大阪・長堀橋
10/20(火)14:30~ 大阪・長堀橋(ドリンクバイキング付き)
11/5(木)19:00~ 京都駅前
11/12(木)18:45~ 大阪・長堀橋
11/17(火)14:30~ 大阪・長堀橋(ドリンクバイキング付き)


開催の詳細や参加申込は上記のタイトルをクリックの上、ご参照願います。

今後のキックオフ関西の開催案内はここをクリック願います。

↑このページのトップヘ