キックオフ関西.blog

関西の異業種交流会 キックオフ関西のキャプテン(代表)の交流会に関するネタやコラム、本音、情報、ボヤキ?を書き込んでいきます。

キックオフ関西公式サイト:http://www2.odn.ne.jp/kick-off-kansai

皆様のおかげで2015年3月1日で12周年を迎えました。
キックオフ関西は大阪や神戸、京都を拠点とする関西の異業種交流会で、参加者の数よりも質にこだわり、参加者数と参加者のレベル、それに開催数は関西でもTOPクラスを誇る異業種交流会です。

「異業種交流会は参加者のためにある」と言う基本理念により、毎週交流会を開催しています。

当会の一番の売りは、ネットワークビジネスや悪質勧誘などの不審参加者も参加申込段階で出来る限りシャットアウトする体制も持ち、関西の異業種交流会参加者から最も支持され、安心かつ急成長した異業種交流会です。

2015年07月

この言葉、どういう意味かと言いますと・・・
異業種交流会に参加した際に、2回目以降も継続できるか1回で終わるかの例えです。

つまり参加した交流会の雰囲気に自分がどれだけ染まるか?
その会の雰囲気のカラーに染まれば、次も参加したくなる雰囲気になりますが
「人脈を作りたい!」と勢いよく参加しても、交流会参加が1回で終わる方は
雰囲気に染まれずに終わってしまうという事です。

異業種交流会で人脈を作りたいと思う方に必要なこと。
名刺や自己紹介が言えるなんて当たり前のことです。
それと共にメンタル面で必要なことは・・・・
「継続して参加すること」と「交流会の雰囲気に自分が合わせる」
が最も大事かもしれません。参加者が多い中で自分自身が如何にして
相手やその場の色に合わせる(染まる)事ができるのか?
これが「交流会での人脈作りに最も必要なこと」なのかもしれません。
相手の雰囲気に自分が染まれなければ、仲間や人脈なんてできないと思います。

これを動物にに例えて言えば・・・・
Chameleon-gaze_1920x1200
カメレオンになれる人が仲間や人脈が増えると思います。
カメレオンは体色変化が得意で、背景の色に溶け込む性質を持っています。
交流会での仲間や人脈作りに当てはめると「相手の色に溶け込む事」です。

交流会に参加する際は自分自身が「カメレオン」になりきる事だと思います。
と今日は書いてみました。

キックオフ関西の今後の開催予定はここをクリック願います。

CAM02306

異業種交流会参加者は名刺片手に参加者と名刺交換をして
ご挨拶等をして交流するわけですが、ここで大事なことがあります。

「名刺交換したら即、自分の仲間や人脈」と思われる方が多いと思いますが
それは大きな勘違いです。交流会終了後に御礼メールを送ったり
Facebookで繋がるなどのリアクションを起こし、お互いの存在が記憶に残るまでは
それなりの努力をする必要があるのです。

この部分を怠る方、昔から非常に多いです。
異業種交流会で人脈を作ろうと思えば、自身の努力が必要です。

それ以外に異業種交流会参加者が忘れがちなポイントがあります。
これは私が「初心者交流会」でいつもお話しているポイントです。
そのポイントとは・・・・

1)服装などの身だしなみ
 よれよれのスーツや交流会に似合わない服装は相手の印象を損ないます。

2)元気な声で挨拶する
 元気のない声や小さな声は相手の印象を損ないます。

3)相手の印象に残る表情(笑顔)
 下を向いたり愛想が悪い表情は相手の印象を損ないます。

交流会では相手に「自分」と言う商品をセールスするわけですから、
自分が営業マンや接客業になった感覚で参加者と接しなければ、
相手は自分の印象を悪くしてしまいますし、いい意味で相手の記憶には残りません。

この3ポイントは異業種交流会に参加する以上、
本当に抑えておかなければいけないポイントです。
ただ名刺を交換すれば仲間や人脈ができると思うのは大間違いです。
自分自身がセールスマンや接客する店員になった気持ちで相手と接すれば
おのずと相手は自分と繋がるものです。

キックオフ関西の今後の開催予定はここをクリック願います。

斜陽産業とまで揶揄される出版業界で、ミリオンセラーとなった『超訳 ニーチェの言葉』、
婚活ブームを創造した『「婚活」時代』など次々とベストセラーを世に出すディスカヴァー・トゥエンティワン。
未だ主流である業界特有の取次制度を介さず、書店との直接取引を採り、
ニーズの高い商品を最も売れるタイミングとエリアで展開するというビジネスの基本的戦略を実現し、
経営者として設立当初から辣腕を振るってきた干場氏は、何より
「この人が目をつけた著者やテーマは必ず売れる」とまで言われる伝説の出版プロデューサーである。

稀代のヒットメーカーである干場さんの極意である「ヒット商品の方程式」を聞きに参加致しました。
講演中は撮影禁止でしたので画像はご容赦願います。


CAM02689

話を聞いてまず感じたイメージは「頭の回転数の早い人」だと思いました。
それと「言葉がハキハキしている」人だと思いました。
とても今年還暦には見えないくらい若く見えます。

当日のセミナーで一番感じたこと

【売れる本を作るには?】
1.「売れるものを作る!」という意志
2.世の中に新しい視点を生みだそうとする意志


これ重要ですよね。最近「自分のブランド目的で出版する人」が多い中で
世の中に自分の新しい視点を生みだそうと言う気持ちを持っている人、少ないですね。

あとは・・・
「企画力」と「運を掴むこと」

企画力や運のつかみ方は、干場さん流の目線でお話して頂きましたが
これは当日の参加者のみの特典と言う事でブログでは書かないでおきます。

聞いていて感じた事は
「出版とセミナーや講演の企画には共通点が多い」
私もセミナーや講演を企画する事が多いですが、今回の話しはいろいろヒントを得ることができました。

ちなみに周りから私によく言われるのは
「キャプテンは本を出す考えはないのですか?」と言われますが
私の答えは「全く考えていません」

ただ出版社や出版プロデューサーから提案があった場合は
提案書の内容を見て考えます。自分から出版企画書等を出して動く考えはありません。
それ以上に「自分の会の企画に集中したい」ただそれだけです。

干場さん、キックオフ関西でもお呼びしたいなあ・・・と思いながら帰路に着いた7/8のお話でした。

キックオフ関西の今後の開催予定はここをクリック願います。



一昨日、キックオフ関西のFacebookの「いいね!」の数が
「900」を突破致しました!
kickoffkansai900

2011年8月に立て上げて約4年で900に到達致しましたが
「いいね!」の数を目標とするのではなく、
「いいね!」をして頂いた方に満足できる企画を記事を配信し続ける。
これが私のFacebookページでの目標です。

一時期、広告等を使って「いいね!」の数を増やした時期もありましたが
現在は、とある方法で(お金をかけずに)「いいね!」の数を増やしています。
この方法は日を改めてお話致します。

キックオフ関西のFacebookページも宜しくお願い致します。

キックオフ関西のFacebookページはここをクリック!

今後のキックオフ関西の開催予定はここをクリック願います。

7月に入りました。2015年前半のキックオフ関西を振り返りますと・・・

《1月》
1/24に劇団四季の元主演俳優、佐藤政樹さんの講演を開催致しました。
ミュージカル的な部分も披露して頂けるなど参加者も満足な関西初講演でした。
CAM01746

その佐藤さんの講演の翌日は、秋竹朋子さんの出産後初の関西でのボイトレセミナー
秋竹さんが元気な姿を披露して頂きました。
CAM01779
そして当会初の「6時間セミナー」を開催したのも1月でした。
遠くは福井県からの参加者もあり、6時間で効果を示したセミナーでした。
CAM01698

《2月》
2/11に秋竹朋子さんのご出産をお祝いしましてランチ会を開催致しました。
CARATのサプライズに秋竹さんも大喜びでした。
CAM01906

鋤谷さんの平日夜初登場の夜セミ、戸田充広氏が登場した京都交流会
アマゾンで1位を取ったコーチング営業の林 健太郎氏
いずれも20名前後の参加者が集まり盛況でした。
CAM01953CAM01980

CAM02000

《3月》
3/10に開催致しました女性交流会に「自己紹介の女王」相葉 恭子さんが登場致しました。
相葉さんの自己紹介の変化に参加者の皆様が満足した1日になりました。
CAM02037

《4月》
4/11に関西ビジネスサテライトとキックオフ関西が史上初めて
合同企画の交流会を開催致しました。今まで「あり得ない」と言われた
企画が遂に実現致しました。
CAM02161

4/25には佐々木繁範さんの2冊目の出版を記念致しまして
出版記念セミナーを開催致しました。
CAM02226

《5月》
5/14にセミナーのないワーク&参加者との交流企画、大阪版・異業種交流会を開催。
「異業種交流会」らしい企画が復活しました。
CAM02306

また5/27では久々に「さこさん」こと石尾雅子さんが復活。
web集客術に皆様が真剣なまなざしで学ばれていました。
CAM02380

《6月》
何と言っても6/3にジャーナリストの古賀茂明さんがキックオフ関西にご登壇致しました。
平日昼にもかかわらず、会場が満席になりまして古賀さんのお話に聞き入っていました。
CAM02413

そして当会では初めて姫路で交流会を開催しました。
また9/5に姫路で開催することも決まりました。
CAM02438

6/27には秋竹朋子さんと鋤谷亜弥さんのジョイントセミナーを開催し
参加者の満足度が高いセミナーを開催致しました。
CAM02628

そして6/29には秋竹さんを囲んで神戸で女性限定のランチ会を開催。
プロのミュージシャンの方やネットTVの関係者の皆様などなど
参加者の顔ぶれが凄いランチ会になりました。
CAM02644

とまあ上半期を振り返りましたが、ここまででもいろいろなことがありました。
下半期もいろいろな企画を構えています。また皆様とお会いできる事を楽しみにしています。

キックオフ関西の今後の開催予定はここをクリック願います。

↑このページのトップヘ