この質問、実は何年も前から参加者の質問で一番多い項目です。
今までは「何だろうね?」とはぐらかせてきましたが
今日は私なりの考えを書いて見ようかな?と思います。
CAM02818
キックオフ関西は現在「活動13年目」に突入しています。
そして来年3月には「活動14年目」になります。
先日とある方から「活動期間だけでなく代表の在位期間も関西で最長じゃないの?」
と言われました。確かに現在、活動している団体の中ではそうかもしれませんが
確かな答えが出ないので、ここではコメントを控えます。

さて「キックオフ関西」と言う団体を継続させる秘訣とは?
私の考えでは・・・・

●常に初参加者を募集する気持ち。
●どんな不調な時でも常に企画を作り続ける
●「必ず調子が上がる」と前向きに考える

これかな?と思います。
交流会を運営している人の多くは「仕事の片手間」とか「サークル感覚」で
やっている人が多く、いざ自分の仕事が忙しくなったり
面倒になったら、いつのまにか開催を停めちゃう人が多いのです。

しかし私の場合は、いわゆる「ライフワーク」です。
交流会を運営し、参加者を集めて出会いの場を作る。
そしてセミナーや講演を企画し参加者に学んで頂き、交流を楽しんで頂く。

そういう気持ちで「キックオフ関西」を運営していますので
「13年も継続できているんだろうなあ」と思っています。

先程の3つの中で「1つ」を挙げるとなると・・・
「初参加者が常に集まる」これかな?と思います。
交流会の参加者は、それなりのサイクルがあります。
参加者のサイクルが有るという事は、参加者はいつしか足が遠のく時期が来る。
つまり常連メンバーばかりに頼ると、いつしか参加者が少なくなる時期があり
モチベーションが下がる時期が必ず来るのです。

しかし「初参加者」を常に集めていると・・・
常に新陳代謝が有るのです。常連メンバーがいつしか参加回数が少なくなっても
その数だけの初参加者が集まる。そうすることにより数字は安定し
また久しぶりに参加した場合、顔ぶれが変わり、新規の出会いが増えて
交流が楽しくなるのです。

では当会はなぜそれができているのか?その理由は・・・・

「Web」です。ネット検索にて特定のキーワードで常にクリック数を集めているので
新規参加者が常に集まる仕組みができているのです。
「集客はSNSの時代」と言われていますが、でも新規はネット検索が断然強いです。

どんなにSNSで集客ができても、SNSに時代の波があっても
ネット検索は「最も安定しているツール」だと思います。
キックオフ関西は昔も今も「ネット検索」は手を抜きません。
この部分は常に抑えていますから「新規顧客」が毎回確実に集まるのです。
毎回確実に集まりますから、当会も今まで継続できていると思います。

今後のキックオフ関西の開催予定はここをクリック願います。