meishikoukankai

先月、今月と東京の異業種交流会にいくつか参加していました。
そこで感じた事を書いてみます。

一昔前、いや今でも、異業種交流会と言えば・・・
「保険の営業マン」「士業」「MLM」が多いというイメージがあります。

「保険の営業マン」は一頃よりも減ったように感じます。
昔は新人の保険の営業マンがよく異業種交流会に参加して
「保険の営業マンが多い」と言うイメージがありましたが、
最近は新人営業マンの参加はめっきり減り、管理職クラスの参加が
特徴だと感じます。

「士業」は新人士業を中心に昔も今も変わりません。
「MLM」は説明省略(笑)。

ここ1~2年、いや先月今月、東京の異業種交流会に参加して
「この業界の参加が増えてきたなあ・・・」と感じました。
その業界とは・・・・

「不動産投資の営業マン」

最近多いです。特に東京は。
9月の参加の時も大体全体の1/4がその業界でした。
10月は大体全体の1/3がその業界でした。
なんか様変わりしてきたなあと感じます。

今、東京は五輪開催でバブルになって来て
不動産投資会社も新人営業マンの採用を増やして
販売体制を作っている会社が多いみたいですね。

私が参加した交流会でも同じ会社で2名で参加していたり
先週も参加し今週も参加していたとか
すっかり「息抜き」の場になっている感もあります。
私が参加した時の目測ですが不動産投資の営業マンの参加率は生保の営業マンよりも上です。

東京がこう言う感じになっていますが、関西はと言いますと・・・
参加者の中にはおられますが、それでも1~2名程度。
全体の割合では10%以下くらいですね。

2020年までは、このような傾向になっていくのかな?
そして東京五輪が終われば、どのように変わるのかな?
いろいろ考えた次第です。

ushukuborisaizu

11/20(金)「草食系男子と言う流行語の生みの親」マーケティングライター 牛窪 恵さんの出版記念セミナーを梅田で行います。詳細はここをクリック願います。

それ以外のキックオフ関西の開催予定はここをクリック願います。